酒さ完治への道

酒さの原因から治し方まで丁寧に解説

日焼け止めで酒さに影響が…!?敏感肌でも安心な日焼け止めとは

      2016/03/17

酒さの原因の中で、日光による紫外線はとても大きな問題です。

「日焼け止め対策しなかった日は、いつもより酒さが悪化してる…」という経験のある方も、少なくないのではないのでしょうか?

私も太陽にはめっぽう弱く、酒さが発症する前も日焼け止めを塗り忘れ、顔が真っ赤に火傷したようになることも多かったです。

酒さになってからも、気を抜いて日焼け対策を怠ると一気に悪化し、症状が落ち着くまでに長期間かかってしまうこともありました。

そもそも酒さの発症原因として、「酒さになる前に日焼け対策が十分ではなく、紫外線ダメージが蓄積することにより酒さが発症する」というのも考えられるほど、酒さ治療において紫外線対策は切っても切れない関係にあります。

【関連】紫外線カット率95%以上!?酒さ治療にUVカット帽子を使わない手はない

そんな紫外線対策として、まず最初に思いつくのが日焼け止めです。わたしも一年中、冬でも雨の日でも一日の始めに必ず塗っています。

さて、ここで本題なのですが、あなたが使っている日焼け止めはもしかしてドラックストアで売っているような一般向けの日焼け止めではありませんか?

もしそうなのであれば、その日焼け止めは酒さにとって悪影響を与えるものかもしれません。

悪者の正体”紫外線吸収体”

まず、あなたが今持っている日焼け止めの成分表示を確認してもらいたいのですが、以下の成分が入っていた場合、その日焼け止めには酒さ悪化因子になりえる”紫外線吸収体”が入っています。

  • メトキシケイヒ酸オクチル
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オクチルトリアゾン
  • パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

このような成分を紫外線吸収体といい、紫外線を吸収することで化学反応を起こして、肌に紫外線が届かないようにする効果があります。
ドラックストアで売っているような SPF50 PA+++ のような効果の高い日焼け止めは、大体この紫外線吸収剤を使用しているようです。

紫外線吸収剤は、たしかに紫外線を防止する能力は高いです。また、塗っても白くなりづらくサラサラした付け心地で魅力的です。

しかし、紫外線を吸収した際に起きた化学反応により、肌にダメージを与えるような物質を発生させるのです。

この成分は敏感肌の方には刺激が強く、負荷に負けてかぶれてしまう場合もあり、もちろん酒さでダメージに弱くなっている私たちの肌には天敵です!

酒さを悪化させないために紫外線を防止していたはずが、そのための日焼け止めによって肌がダメージを受けていた…なんてこと、本末転倒ですよね。

紫外線吸収体が使えない今、どんな成分が私たちの肌を紫外線から守るの?

その成分とは紫外線散乱剤です。主に酸化チタンや酸化亜鉛が使われます。

この成分は紫外線を反射するようなバリアの役割をはたし、塗ることで肌の表面で紫外線を跳ね返します。また、紫外線吸収剤のように化学反応は起こさないので、肌に刺激のあるような物質が発生することもありません。

これなら酒さのような肌へのダメージに敏感な状態でも安心して使えることができます。

しかし欠点もあり、紫外線吸収剤よりも SPF や PA を高くしづらいことや、塗ると白くなりやすいことが上げられます。

でも、少しくらい塗り心地が悪いことぐらい、酒さを治すためならどうってことないですよね?

酒さにピッタリの日焼け止めはコレしかない!”サンプロテクトミルク”

「具体的にはどの日焼け止めを使うのがいいの?」という方に、私が実際に使っている日焼け止め”サンプロテクトミルク”をご紹介します。

サンプロテクトミルク

photo by http://www.hakudei-story.jp/hakudeism/spmilk.html

1.紫外線吸収剤オフ!酒さでも安心して使える

肌にダメージを与える紫外線吸収剤が一切入っていません!使われているのは紫外線散乱剤なので安心です。

私も実際に使ってみて、サンプロテクトミルクで酒さが悪化したと思えることは一回もありませんでした。一般よりも肌のバリアが弱っている酒さ患者でも安心して使えるため、よほど敏感肌用に考えて作られているのでしょうね!

2.高い紫外線カット効果 SPF50 PA++++

紫外線散乱剤は紫外線を防止する効果を高くしづらいと書きましたが、このサンプロテクトミルクは紫外線散乱剤を使用しながら高い紫外線カット効果を実現しています。おそらく、酸化チタンと酸化亜鉛の他にも紫外線散乱剤の効果を持つ成分を使うことで実現できているのでは、と考えています。

なんども言いますが、酒さを悪化させないためには紫外線対策が必要不可欠です。そして、紫外線からのダメージを防止できる効果は高いに越したことはありません。

敏感な酒さ患者の肌にも使えて、なおかつ SPF50 PA++++ の日焼け止めはこのサンプロテクトミルクぐらいではないでしょうか。

3.乾燥対策に”セラミド”と”ヒアルロン酸”配合

酒さは炎症と毛細血管拡張により、赤くなっている肌は温度が高く、水分が蒸発しやすいです。

そして、水分が蒸発することで乾燥し、肌のバリア機能が低下し…と、乾燥には人一倍敏感になってしまいますよね。

しかし、このサンプロテクトミルクは日焼け止めでありながら、肌の乾燥対策に効果があるといわれる”セラミド”と”ヒアルロン酸”も配合されています。

一般的に売られている日焼け止めにも、このような乾燥対策されているモノもありますが、私の知る限り安全と効果が両立できている日焼け止めの中で、セラミドがしっかり入っている日焼け止めはサンプロテクトミルクだけです。

また、全部で8種類の美容成分も入っています。なるほどわがままUVミルクとまで言われるわけです。

まさに私たち酒さ患者が日焼け止めに求める条件がしっかりと満たされています。

4.【デメリット】少し量が少ないかも…。

内容量が30gと、一般的な日焼け止めの中では容量が少なめです。もうちょっと多かったら完璧だったんですケド…

しかし、サンプロテクトミルクはウォータープルーフ使用で汗に強く、一般の日焼け止めよりも塗りなおす回数が少なくすみます。

その日が外で過ごす日なのか、それとも移動の時だけ外出するかでも変わりますが、一日中日焼け止めの効果を持続させたいと思ったとき、一般の日焼け止めでは最低でも1回は塗りなおす必要があります。

が、ウォータープルーフのサンプロテクトミルクならあまり汗をかかない人の場合、一回塗れば一日持ってくれることも多いです。

また、私の使い方なのですが、顔にだけサンプロテクトミルクを使い、首や体にはメンソレータムの敏感肌用日焼け止めを使っています。

そうすることによって、サンプロテクトミルクを使うべきところだけに塗ることで、少ない量を節約して使えています。

なので人にもよりますが、容量の少なさにそこまで気にすることはないかなぁと、個人的には思います。

なんといってもそれ以上に酒さ治療のメリットがありますから!

5.返金保証でもしもの時でも大丈夫!

やはり、酒さの度合いも人それぞれ。もしかしたらこのサンプロテクトでも、「自分の肌には合わなかった」という方がいらっしゃるかもしれません。

そのときは、初回購入者限定で返金保証が受けられます!

まずは一回、試しに塗ってみて、そして一日いつも通りに過ごしてみてください。そして、いつもと比べて酒さの調子が悪くなった…という方がいましたら、返金してもらい他の日焼け止めを試してみることも可能です。

私も最初は不安でしたので、最初に塗ったときはいままでの日焼け止めと比較して、本当に自分に合っている日焼け止めなのかを検証しました。結果はいままで使ってきたものよりも圧倒的に良かったので、私には返金保証は必要無かったのですが。

なので初回購入時はしっかり検証してみることをオススメします。

サンプロテクトを販売しているハクデイズムの公式サイトは以下です。
【ハクデイズム】

まとめ

酒さ治療を考えたとき、薬などに頼るのももちろん必要ですが、日焼け止めのような日々の暮らしの一部になっているようなスキンケアにも、治療のヒントが見つけられるかもしれません。

そのヒントの一つとして、わがままUVミルク”サンプロテクトミルク”を酒さ用日焼け止めにオススメしますよ!

酒さの原因は多様です。一つ一つの要因を丁寧に解決していくことが、完治への一番の近道であると私は考えています。



 

 - 日光・紫外線対策